業者選びに役に立つ歯医者・インプラントに関連した業者をご紹介します。

歯科医院コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年12月18日 [FAQ]

インプラント治療の注意点は?

もちろんインプラントでも、永久に使用できないことは承知していますが、入れ歯とは違い毎日の面倒なお手入れは必要なくて、取り外しのわずらわしさもなく、自分の歯とは違うかもしれませんが、入れ歯よりも違和感なく食事ができると聞いたので、インプラント治療を受けることを考えています。
痛さに強い方ではないし、歯医者の治療は怖くて、子供の時から歯医者嫌いなので、不安は大きくて、なかなか実行に移すことができないでいます。
ズバリ、インプラント治療の欠点や、治療を受ける際の注意点があれば、分かる範囲で全て教えてください。


場合によってはインプラント治療を受けられないこともあります。


ご指摘の通りに、インプラントは永久的に使用できるわけではありません。
もちろんインプラント自体が虫歯になることはありませんが、しっかりお手入れをしていなければ、歯周病になりますし、感染するとインプラントを支えている骨が溶けて、インプラントが脱落してしまうこともあります。
確かに入れ歯のように取り外しの必要はありませんが、自分の歯と同じように、毎日のお手入れと定期的な検診やメンテナンスは、インプラントを長く使用するためには必須となります。
インプラントは外科的手術であることもきちんと理解しておく必要もありますし、手術中には麻酔をするので痛みを感じない可能性が高いですが、場合によっては痛みを伴うこともありますし、術後にかなりの痛みを伴うこともあります。
それに、インプラントを支える十分な骨がない場合や、口の中に疾患がある場合は、インプラント治療を行うことができないケースも少なくありません。
その場合は、入れ歯やブリッジなど、他の治療法の選択を余儀なくされます。
入れ歯やブリッジは、健康保険を適用されることができますが、インプラントは保険適用外の診療ですので、治療を受ける歯科医院にもよりますが、それなりの費用がかかることになります。
歯並びや噛み合わせが悪い場合は、インプラント治療の前に矯正治療が必要になるケースもあって、そうでなくても人によって治療期間が通常よりも長引くこともあります。
インプラント治療を受けた後は、歯ぎしりや歯の食いしばりには注意が必要で、就寝中に無意識にしてしまう歯ぎしりは、歯にかかる負担がかなり大きいため、ダメージの程度を確認して、就寝中はインプラントを痛めないよう、マウスピースの着用を迫られることもあります。

PageTop