業者選びに役に立つ歯医者・インプラントに関連した業者をご紹介します。

歯科医院コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月09日 [FAQ]

インプラントの治療費に差が出る理由は?

私は人一倍歯のお手入れには気を遣ってきたことを自負していて、社会人になってから今までほぼ毎日毎食後歯磨きをしてきて、朝と晩には歯間ブラシとデンタルフロスを併用して、完璧なケアをしてきた自信がありました。
なるべく定期検診にも行くようにしていて、かかりつけの歯医者さんからも状態がいつも良いと褒められていました。
主人の転勤のため現在の場所に住んでからは、私も仕事をはじめたことから定期検診はさぼっていましたが、これまでと同じようにできる限り歯のケアは欠かさず行っていました。
しかし先日奥歯が痛んで、こちらに来てからはじめて歯医者さんに行って診てもらうと、その場で抜歯をしなければいけなくなりました。
痛みを取るにはこの方法しかなく、悩み間もなく奥歯がなくなり、歯抜けの状態にしておくわけにはいかないので、ブリッジと入れ歯とインプラントの3つの選択を迫られている状態です。
ブリッジや入れ歯にすると、他の歯への影響もあるみたいだし、やはり今後のお手入れのことも考えてインプラントにしようと思っているのですが、そこの歯医者さんでは1本60万円もかかると言われて、いろいろな歯医者さんの情報を集めると、安いところでは10万円代で治療ができて、他にも30?60万円の間で治療費が大きく異なっているのですが、どうしてこんなに金額に差があるのでしょうか?


回答

検査や素材や設備などによる違いがあります。


インプラント治療には健康保険が適用にならないため、治療費は自由診療になり歯医者さんによって金額に差が出てしまうわけですが、インプラントや被せ物の質以外も、設備などの歯科医院の環境や、どのような取り組みをしているのかでも大きく変わってきます。
インプラントにするには、手術前の検査が必要になり、問診の他にも歯科用CTや血圧測定などにより、血管や神経の場所や骨の状態などをみて手術ができるかどうかの判断を行います。
手術可能なことが分かると、そのためのシミュレーションを行いますが、ここまででも数万円の費用がかかり、患者さんによって検査の回数も内容も異なり、治療代にも差が出てしまいます。
人工歯の材質でも、5万円から20万円の差があるため、当然10万円単位で治療費は異なってきます。
治療室の環境を整えるためにも相当な費用がかかり、定期的なメンテナンスも必要で、治療を受ける場所によっても患者さんの負担は変わってきます。

PageTop